甦った「米子市公会堂」

ブラボー!

しばらく耐震補強工事のために閉まっていた「米子市公会堂」が本日リニューアルオープンの内覧会でしたので、足を運んできました。なにせ角盤町の象徴でもありますから。耐震問題の前、さらにさらに以前から随分踏み入っていませんでした。個人的には20年ぶりくらいかもしれません。
村野藤吾氏によるグランドピアノをモチーフにした設計、久しぶりにホールに入って天井の意匠はピアノのハンマーを模していたのだと今更気がつきました。

ピアノ。

設計時の模型。

今日は大ホールとホワイエのみならず、映写室やリハーサル室、楽屋まで拝見。細部もオリジナルの器具にこだわっただけあって、モダンです。
グランドピアノの「鍵盤」部分のバルコニーにも初めて出ることができました。

滅多に出れない。

師匠、お先に勉強させていただきます。

(引)シールはいらないのでは?

ホワイエ単独で使用することもできるので、ここでライブとか企画したらいいんじゃない?とか、「ビストロ・ド・スズキ」さんの運営される「カフェ・ド・スズキ」では晴れた日にテラスでビールもいいのではないかな?などと気持ちが膨らみます。集会室も面白い使い方ができそう。

遠方からのお客さんをご案内しよう。

折角多くの市民の想いによって生まれ変わったので、大いに利用したいですね。
私もいろいろアイデアが頭を巡りました。

米子市公会堂
http://www.yonagobunka.net/publichall/
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

EVENT

store_sidebanner.jpg

recent entries

categories

archives

recent comment

BRAND LINK

MEGANE LINK

SAN-IN LINK

profile

search this site.

mobile

qrcode

others